ヲタんこナース英会話上達への道

TOEIC 475点の初級者がオンライン英会話と独学で英会話上達とTOEICスコアアップを目指すブログ

平成から令和へ☆タイ旅行6日目&最終日~戻りバンコク編~

食べ過ぎによる胃痛で夫がダウンしました。

そしてチェンマイとはお別れの日です。

バンコクに戻って1泊して帰国となりまーす。最後の日もまとめていっちゃいます♪

www.otanco.com

 

チェンマイ最後の朝ごはん

前日、夫の胃痛で早めに就寝し体調を万全に!

と思ってもなかなかすぐには治りません。

胃痛はありますが動けるようです。ここからはもっとのんびりのんびり行きます。

 

ホテルの近くで朝ごはんを探しました。

ここもビーガン料理のお店みたいです。

チェンマイに来たら、やたらビーガン料理のお店を目にするのは気のせいでしょうか?

実は気にしていないだけでバンコクにも沢山あったのかなぁ。

f:id:mellowed:20190614103030j:image

 

夫はフルーツにしようかなぁと悩んでいました。


f:id:mellowed:20190614103210j:image

f:id:mellowed:20190614103205j:image

f:id:mellowed:20190614103207j:image

私はカフェモカとクロワッサン。前日からハマり始めました。

夫を見て食べ過ぎはいけないので軽ーくにします。

それと、もうタイらしいものは飽きてきたのかもしれません。

夫はマンゴーメインのフルーツヨーグルト。それと温かいお茶。

優しい…治る気がします笑

マンゴーがめっちゃくちゃ安くて甘くて美味しくて毎回感動します。

 

サヨナラ☆チェンマイ 

もうのんびりしかせずバンコクに移動します。

ソンテウに乗ってチェンマイ空港へ行きます。

行きはバスでしたが、バスよりソンテウの方が楽だし早いしそんなに高くないし

空港の行き来はソンテウの方が良さそうです。

 

さよならチェンマイ。雰囲気が良かったなぁ。凄くのんびりできました。

ニマンヘミンの方の雑貨屋さんとか洋服屋さんとか見たかったのが少し心残りです。

でも暑くてそんな気分にはならなかったか。。。

それよりお目当てのガイヤーンが食べられなかったのが最も心残りです。

 

バンコク最後のホテル『Dang Derm Hotel

チェンマイからバンコクに戻り、まずはまた黄色一色。

f:id:mellowed:20190617170409j:image

この日は5月3日で、4日に国王の戴冠式があるのでさらに黄色が強くなっています。

そういえばチェンマイはそうでもなかったような。

 

まずはホテルにチェンックインします。


f:id:mellowed:20190617170444j:image

f:id:mellowed:20190617170447j:image

カオサンロードど真ん中に位置するホテル『Dang Derm Hotel

部屋はとっても広くて、ハンガーもあるしドライヤーもフリーWi-Fiもエアコンも冷蔵庫もあって綺麗!今までで一番過ごしやすい客室でした。

シャワーもちゃんと出るし、トイレが濡れることもない。

居心地の良さって大事です。

屋上にはプールがありますが、プールにはタオルが用意されておらずお客さんが場所取りし放題なのであんまりのんびりできません。

タオルが用意されていないので、びちゃびちゃのままエレベーターに乗る人が続出し、エレベーターも水浸しで、そういったクオリティーは良くありません。

あと一番の問題点は、カオサンロードのど真ん中でクラブ的な爆音を出すバーがすぐ下にたくさんあり、それが夜中2時まで聞こえます。

 

私達はここで1泊しかせず、さらに極限の疲れに達していたので全く気にせず眠れましたが、相当ビックリする爆音が聞こえます。

音が気にならない方でも結構厳しいと思います。私達は寝れましたけどね(笑)

f:id:mellowed:20190618105734j:image

夜、上からカオサンロードを見るとこんな感じです。まだまだ人が集まって来ます。

f:id:mellowed:20190618105847j:image

ちなみに朝はガラーンとしてます。

 

 

旅史上最悪の激マズ飯『Lotash Seed』

ホテル近くのカオサンロードにあるお店で軽くごはんを食べることにしました。

f:id:mellowed:20190617170527j:image

適当に入ったレストランです。

カオパットクンパッタイを頼みました。

笑わないけど優しいタイ人ではなくって、本当に態度が悪いオバサンがオーダーを取りに来ました。

f:id:mellowed:20190617170553j:image

カオパットクンは、炒飯にも関わらずお粥なのか!?というくらいべちゃべちゃで

お米も団子になっているし、不味くてひと口しか食べられませんでした。

こんなに不味く作れる方がびっくりします。

f:id:mellowed:20190617170730j:image

パッタイも同様に本当に不味くて、こんな味のパッタイどうやって作ったのかなっていうくらい不味かったです。

態度も悪いし、最悪でした。

海外旅行史上、最低最悪な料理を提供されました。

絶対に行かないことをお勧めします。

 

 

 

相当気分が悪く、こんなに嫌な気持ちになるのも本当に嫌ですね。。。

ホテルのプールに入って気分転換しました。

 

ヤワラートで最高の夜ご飯

旅行を締めくくる最後のディナーはヤワラート(中華街)で最高に美味しいものを食べてきたいと思いました。


f:id:mellowed:20190617170948j:image

f:id:mellowed:20190617170944j:image

f:id:mellowed:20190617170846j:image

前回5年前にバンコクに来た時も、

最も美味しかったお店『Ar Tuer Shark Fin Soup』に行きたい!

今回もあの味がもう1度食べたい!と思い向かいました。

 

ヤワラートの夜は活気がありいつも混んでいます。

中華街なので大きな海老がレストランの前に飾られています。

プラプラするだけでもすごく楽しいです。


f:id:mellowed:20190617174510j:image

f:id:mellowed:20190617174659j:image

f:id:mellowed:20190617174506j:image


お目当てのお店は5年前とほんの少し移動して違う場所になっていました。

以前もでしたが、行列ができています。

私達はあまり待たずに食べられましたが、後ろにはどんどん人が来て長蛇の列になっていました。

f:id:mellowed:20190618110133j:image

いつも混んでいるお店です。

以前よりさらに回転を速めるために事前にメニューが渡されます。


f:id:mellowed:20190618110107j:image

f:id:mellowed:20190618110110j:image

このお店の回転が速いのはこの女性のお陰です。

f:id:mellowed:20190618110227j:image

女性というか、ニューハーフの子です。たぶん。

残念ですが後ろ向きだわー。アップにしてるジーンズ履いてる子です。

綺麗な顔立ちでスタイル抜群、気も利くし笑顔も素敵なこの店員さんは、以前来た時も働いていました。少しだけ日本語が話せます。英語も話せるようです。

席にもびっしり人が座っていてみんな美味しそうに食べてます。


f:id:mellowed:20190618110608j:image

f:id:mellowed:20190618110603j:image

f:id:mellowed:20190618110606j:image

魚の胃袋のスープ、パットミーホンコン(香港風焼きそば)、カオパットプー(蟹チャーハン)を頼みました。本当はもっと色んなものを食べたい。でもお腹が限界だし、1人は胃が死んでますのでこれ以上は無理です。残念。

 

スープがほんとに美味しくってビックリします。

f:id:mellowed:20190618110949j:image

魚の胃袋は厚揚げみたいでとっても美味しいんです。スープの出汁が半端ない美味しさでしょうゆベースの中華スープのような味で、私達日本人の口に合う味です。

念願のパットミーホンコンですが、ちょっと味が変わったかな?

f:id:mellowed:20190618111010j:image

美味しいけど少し味が落ちちゃったかな~??

ものすごい火力で香ばしく炒められてるのですが、ちょっと芯が残ってるかな。少し残念。

でも、それでも美味しい!!見た目以上の美味しさですよ!

作り手のメンバーが変わったのかな~。スープの味は依然と全く同じく激ウマでしたけどね。

 

こちらは蟹チャーハン。

f:id:mellowed:20190618111054j:imageやっぱりこのお店は美味しい。

こんなに混んでるのに全てに目を配って気の利く店員のあの子。

美味しいお店に素晴らしい接客のこのお店は絶対に外せません。

 

ちなみに、このお店のおばちゃんは英語がちっとも話せません。

f:id:mellowed:20190618111217j:image

この黄色いおばちゃんです。

おばちゃんも5年前にもいた店員さんですが、全く他の国の言葉を話す気がないみたいで、お会計はごり押しのタイ語で言ってきます。

わからないとジェスチャーをしても、ずっとタイ語で言い続けます。

ココには色んな国のお客さんが来るのに、いつもこの調子なんだろうなと笑ってしまいました。不愛想だけど良い人だと思います。たぶんね(笑)

 

結局わからないので、あの敏腕ニューハーフの店員さんを呼んでお会計をしてもらいました(笑)

 

 

この後、ホテルのプールに入ってカフェでのんびりして焼鳥食べて爆音の中眠りました。


f:id:mellowed:20190618111402j:image

f:id:mellowed:20190618111406j:image

 

気が抜けてやる気のない最終日

もうこれ以上やることもなく、ホテルで朝ごはんを食べてどこに行くか考えました。

帰りのフライトは23:55出発。

その間どこに行くのかはっきり考えていませんでした。

行こうと思っていたところは制覇したので、時間が余ってしまいました。

バックはこのホテルに置いて出かけて、一度立ち寄ってから空港に行かなければなりません。最終日は国王の戴冠式の日で交通規制もあり、なかなか考えるのが難しい。。。

 

最後にチャトゥチャックウィークエンドマーケットに行ってきました。

バスに乗り着いたら死ぬほど暑くてすぐに無理な感じに。

飲み物を飲んで休憩しましたが動くとめまいがします。

私ももう疲労が限界なのと、これといった目的がないせいか体が拒否してます(笑)

とにかくカフェに入り浸って、何も見ずにマーケットを去りました。

 

最後にアマリンプラザのフードコートで食事

 

安くて美味しくて現地のオフィスワーカーに人気アマリンプラザフードコートに行ってみました。

f:id:mellowed:20190618115948j:image

日本ではフードコートってお休みが無いですが、コチラは土日がお休みのお店が多数です。

美味しいと言われていたお店は残念ながらお休みのようで、他のお店で食べてみました。

夫が食べた物も私が食べた物もイマイチで、緑の丼マークが付いているお店もイマイチでした。


f:id:mellowed:20190618120107j:image

f:id:mellowed:20190618120104j:image

f:id:mellowed:20190618120101j:image



最後の日に美味しいものが食べられずに終わってしまいました。

 

帰りにカオサンでマッサージを受けたのですが、室内はエアコンがかかり過ぎて寒いし適当でした。

寒いことを伝えても対応はナシずっと寒いまま。最悪でした。

最初に行ったフットマッサージのお店で、その時担当してくれたマッサージ師の人は二人とも良い人だったのに、最後の日に担当した人は最悪で同じお店でも人に寄るのですね~。。。

 

まとめ

お疲れ様でした。ここまでのお付き合いありがとうございました。

最後のフライトではゲートチェンジがあり、1時間半もフライトが遅れて

〆があまり良くなかったですが、今回も楽しい旅でした。 

www.otanco.com

 

最後は尻つぼみでしたね(;^ω^) 

久しぶりの海外でしたので、楽しかったのと僅かながらも英語をやっておいて何度となく役に立ちました!

少しでもやっておくと違いますね。

でもやっぱり流暢に話せるようになりたいです。

来年はどこ行こう!?

そろそろフィリピンデビューもしたいし、ビーチでのんびりもしたい。サーフィンもしたい!

オリンピックを見に行きたいから、旅行に行くお金はないかもしれませんね。。。

 

チェンマイのモバイク記事などはまた後日にまとめまーす。

ではでは。

平成から令和へ元号が変わるときに行ったゴールデンウィークのタイ旅行記でした! 

平成から令和へ☆タイ旅行5日目~チェンマイ編~

タイ旅行記5日目チェンマイに滞在3日目となりました!

 

前日の記事はコチラ↓↓↓

平成から令和へ☆タイ旅行4日目~チェンマイ編~ - ヲタんこナース英会話上達への道

 

私がタイに来て唯一やりたかったこと!チェンマイでヨガをやる!

さて、どんどん旅の写真が少なくなってきています。

もう完全にお疲れモードです。果たしてヨガはできるのでしょうか!?

 

遂に夫の胃が壊れた!タイの薬を調達

何となく胃の調子が悪かった夫ですが、めげずに食べ続けた結果胃痛が。。。

当初、辛いものを食べたせいだと思っていましたが

ブログを書きながら『絶対食べすぎ!』と確信しました(笑)

1日に何食も食べ過ぎです。カオマンガイも食べ過ぎです(笑)

 

この日、チェンマイ残り最後の1泊です。

テルチェンジしまーす。

次は旧市街の門の中に宿泊します。

 

ビパハウスをチェックアウトして、新たなホテルに向かう途中に薬局がありましたのでそこで薬を調達です。

日本からも大量の胃薬を持って行ったのですが、この時もうほとんど飲み切ってしまいました。

胃薬を飲みながら食べまくっていた夫。

タイの衛生面が悪いから胃痛と下痢になったとかそういうんじゃないんです。

タイで胃を壊したというと、必ずタイの屋台が悪いとか言われるんですが

辛いものを取り過ぎ、量を馬鹿みたいに食べ過ぎ。

私達の胃痛の場合、大体こういうことなのでタイの人々に申し訳ありません。

決してタイの環境のせいではございません。

 

街の薬局にはタイ人の薬剤師がいて、症状と飲み方くらいの英会話なら何とか通じる感じです。

症状を伝えると下痢止めと胃痛の薬を処方してくれました。

f:id:mellowed:20190612202625j:image

下痢止めは1日3回で下痢が止まったら中止するように、牛乳は飲まないこと。

胃痛を抑える薬も1日3回飲むように言われました。

袋にも飲み方を書いてくれました。

下痢止めの方には『DIARIA』と書いてありましたが『Diarrhea』の間違いでしょう。

胃痛の方にも英語で簡単な説明を書いてくれましたが読解不能でした(笑)

クスリをもらってホテルにチェックインしました。

宿泊先は『ハウスナンバー11』

冷蔵庫は無いし、モノを置くテーブルもないしコンセントも2つしか無い。備え付けのティッシュもないし、トイレにペーパーも流せません。もう疲れてるのでどうでも良いのですが(笑)

日中のスタッフは英語がしっかり話せる人なので色んなことも聞けますよ。

 

チェンマイ門の朝市

街をプラプラしながら朝市を眺めました。

ハーブが激安でたくさん売っていたり、ドリアンも売っていたり。


f:id:mellowed:20190612202732j:image

f:id:mellowed:20190612202734j:image

f:id:mellowed:20190612202729j:image

ドリアンはちょっと高いですよ!あと50B出したらフットマッサージが受けられる!

お金の感覚が変になってます(笑)

 

カフェでのんびり

プラプラしていると宿泊先のすぐ近くに素敵なカフェがありました。


f:id:mellowed:20190612202843j:image

f:id:mellowed:20190612202846j:image

木陰があり、涼しそう。お客さんは白人多めでした。

ココなら美味しいコーヒーが飲めそうだしのんびりしよう~♪と立ち寄りました。

 

カフェかと思ったらここはホテルみたい。

凄く雰囲気も良くてのんびりでき、ここに泊まればよかったです。

f:id:mellowed:20190612202927j:image

カフェモカ、最高に美味しい!もう慣れた味が良い!!夫はスイカジュース。牛乳ダメって言われたのに、ヨーグルト入りを頼んでしまいました…

しばらくのんびりしていても全然飽きず、ここに入り浸ってました。

 

 

ガイヤーンウッチェンブリー』リベンジならず

お昼ご飯は前日行ったけど急遽お休みだったガイヤーンのお店にリベンジ!です。

ソンテウ(乗り合いタクシー)を捕まえてガイヤーン・ウッチェンブリー』と伝えるとすぐにわかったようで乗せてくれました。

地元民が認める有名店のようです!

これは期待できます!!すごく楽しみ!期待が膨らみました。

 

到着すると、、、休み!!!嘘!

今日から営業と書いてあったけど、見てみると営業が5月3日と書き換えられていました。最初からそう書いてくれたら良かったのに(T_T)

日本から来たんだよーーーーーー!!開けてくれーーーーー!

と言っても誰もいません。

仕方がないのでガイドブックに載っていたガイヤーンのお店『SPチキン』に行くことにしました。

ソンテウのおじさんに『SPチキン』まで!と言うと、おじさんは少し悩んでいました。

地図を見せて「。。。」ハイハイ、わかりました。という反応。

ガイヤーン・ウッチェンブリー』の時と反応が違う。

ガイドブックに載ってるお店だし、地元民がピンと来ないお店。大丈夫かなぁ。

 

ガイドブックオススメ店『SPチキン』でガイヤーン

お店に着くと早速チキンがぐるぐる回ってます!おお~♪

https://youtu.be/BgNMrAKFWS4

 

レストラン内は満席です。

なんと!見渡す限り日本人!!!

ここは日本か!?というくらい日本人だらけ。チェンマイにこんなに日本人が旅行をしに来ているなんて。。。あとから来るお客さんも全員日本人です。

現地の人は誰もいません。大丈夫かなぁ。


f:id:mellowed:20190612203145j:image

f:id:mellowed:20190612203149j:image

f:id:mellowed:20190612203153j:image

でも美味しそう♡

少し待ってからすぐに席に案内してもらえました。

 

店内は小綺麗で、綺麗な手洗い場もあります。日本人向け。。。

f:id:mellowed:20190612203239j:image

 

ガイヤーンが来ましたよ。炒め物とライスも頼みました。


f:id:mellowed:20190612203303j:image

f:id:mellowed:20190612203307j:image


パクっとひと口であ~違う。タイのガイヤーンの味と違います。美味しいんですよ、美味しいんですけど違うんです。

タイのハーブとスパイスの香りはほとんどなくニンニクの味がかなり強く前面に出ています。

もっとチキンの香ばしさや、ハーブとスパイスの香りを感じたかったな~。

あ~、なんであの店休みだったんだろう。

ライスもイマイチ。ライスがイマイチの味ってあんまりないので残念。

炒め物も美味しくなかったのでとにかく残念です。

やっぱり現地の人が来ていないお店はイマイチですね~。

このあと夫は、胃の調子が優れないのにニンニクが効き過ぎたガイヤーンでちょっとダウンでした。

 

 

チェンマイ『HIDDEN HOUSE』で念願のヨガ

ガイヤーンの後、体調が悪くなった夫はホテルで一休み。私も一休みしました。

少し眠ってヨガに夫を誘いました。

夫はかなり乗り気じゃなかったのですが無理矢理付き合ってもらいました。

チェンマイでヨガを出来るところは何件かあるみたいですが、ホテルから歩いてすぐの『HIDDEN HOUSE』に決めました。

f:id:mellowed:20190612203345j:image

 

17:30からクラスが始まるのに間に合わないかも!お水も持ってないけど買う時間が無いのでそのまま行ってしまいました。

木曜日の『Yin Yang Yoga』に参加です。

こちらのヨガクラスはクッキングクラスもあるみたいです。

f:id:mellowed:20190612203403j:image

ネットで調べた時は、週3回9:00から無料ヨガクラスがあったようなのですが今は行っていないみたいですね。

 

レッスンするところはこんな感じ。

f:id:mellowed:20190612203426j:image

レッスンが始まる少し前には満員となりました。14名位いたと思います。

韓国人?の数人、白人と、日本人もいたみたいです。

ヨガ講師は女性。縦に細長い素晴らしすぎる筋肉を持った女性講師。

日本であんな素晴らしいボディーのヨガ講師を見たことがないので、テンションが上がりました。まるで雑誌に載ってる講師の様でした。

写真一緒に撮ってもらえばよかったー>_<

 

クーラーも無く35℃以上ある中でレッスン開始でした。

ちなみにレッスンは英語です。発音も少し訛っているので聞き取りづらいですが、わからなければ見ながらできるので英語でも全然問題ありませんでした。

 

始まってすぐに汗だっくだくのびっちゃびちゃ!キープのポーズが長くて辛い。この形でこのキープ時間(T_T) 辛い辛い(笑)

途中、辛過ぎで何回か笑っちゃいました(笑)

旅行中、ずっと歩きまわっていたし、毎日マッサージも受けていましたが自分でカラダを使っていなかったせいか、ヨガを始めてしばらく体は硬くて辛かったのですが、段々とほぐれるていく感じがしました。

 

講師が生徒の周りを歩きながら時々指導してくれます。

ドッグポーズを取っていた私に『beautyful!』と声をかけてくれました。

ポーズが綺麗に取れてて褒められた~♪と有頂天になりました。

あのカラダのヨガ講師に褒められたらめっちゃテンション上がります!

途中からヨギーズチョイスがあり、自分に合わせてポーズを選択していくレッスンもあり、90分充実したレッスンを受けました。

ちなみに水を一切飲んでいないので、汗が途中からでなくなりちょっと怖くなりました。このまま熱中症になってしまう。。。そう思っていたら、夫が軽い熱中症のような状態になっていました(笑)

夫は「水分取らせないと危ないでしょ!」とちょっと怒ってました(笑)

レッスン終わりにバナナとマンゴスチンをくれて美味しくいただきました。

ヨガ講師とたくさんおしゃべりしたかったけど、英会話のレベルが無理で気安く話しかけられず断念でした。

 

レッスンを受けるまでは嫌がっていた夫も「やって良かった!!」と言っていました。

カラダの疲れが全部吹っ飛んで、ものすごくリフレッシュされました。

ビックリするほど体が軽くなって「人にされるマッサージって意味があるのかな」

と思ったほどです。

自分のカラダは自分でメンテナンスするのが一番いい方法なんだ!と

心も体も超クリアになって、そしてあのヨガ講師に出会い、私も目指したい!

ヨガも英会話も頑張ろう!と思いましたが、どうやら今はもうその熱が冷めたようです(笑)

 

ちなみに私達はヨガウェアなど小洒落たものは持っておらず、捨てても良いようなパジャマとして持っていったものすごいオレンジのTシャツとマイクロミニショートパンツでヨガりました。足が太くて申し訳ない…

夫も同じような格好でやりました。

韓国と日本人はちょっと小洒落たヨガウェアで、白人はTシャツ短パンでヨガってました。文化の違いですかねー。

 

初のビーガン料理

ヨガでカラダはすっきりしたものの、夫の胃が回復しないまま。

こうなるとやっぱり絶食か、胃の負担を軽く。ということで初のビーガン料理を食べることにしました。


f:id:mellowed:20190612203709j:image

f:id:mellowed:20190612203711j:image

お肉に見えても大豆です。

生春巻きとカシューナッツ炒めにしました。

生春巻きの具は野菜とお豆腐。カシューナッツ炒めも野菜と厚揚げが使われています。


f:id:mellowed:20190612203620j:image

f:id:mellowed:20190612203617j:image

優しいお味でした。

夫は100%バナナジュースをオーダー。

氷とか何も入ってない完全すりおろしバナナ。そそられない(笑)

店員さんも丁寧な対応でとってもいいお店でした♪

 

 

旅の疲れもどっぷり出たこの日は早く就寝して、明日バンコクへ戻ります。

胃の調子が良くなると良いですねー。

6日目に続きまーす。

平成から令和へ☆タイ旅行4日目~チェンマイ編~

タイ旅行4日目に突入しました。

平成から令和へ☆タイ旅行1日目~バンコク編~ - ヲタんこナース英会話上達への道

平成から令和へ☆タイ旅行2日目~バンコク編~ - ヲタんこナース英会話上達への道

平成から令和へ☆タイ旅行3日目~チェンマイ編~ - ヲタんこナース英会話上達への道

折り返し地点に来ましたが、実はかなり疲労が蓄積してきていると思われます。食べ過ぎだし動き過ぎなんですよね。この時、当人たちは全く気付いていませんが。これでもいつもの旅行よりはかなり大人しくしている方なので大丈夫だと思っています。

やっぱり若さには勝てませんね。。。

チェンマイに移動してから2日目、タイ旅行4日目です。

エンジョーーーーーイ!!!

 

あさんぽと朝ごはん

朝ごはんを食べるためプラプラしながらお店を探すことにしました。

ホテルから、旧市街へあさんぽです。

疲れてきているのか、写真が激減しています(笑)暑いし面倒になっている私。。。

 

朝6:00位からプラプラしますが、全然どの店も開いていません。

バンコクだとその辺をプラついたら朝ごはんやカフェや屋台が見つかるというのに、チェンマイは違う!!

バンコクチェンマイ、文化が結構違うみたいです。

1時間位炎天下の中歩いて朝7時だというのにもう暑い!

やっと見つけたWi-Fiフリーのカフェに入りました。

軽い気持ちで頼んだら、こんなビックなサンドイッチが来てしまいました。2皿も('Д')


f:id:mellowed:20190604113642j:image

f:id:mellowed:20190604113645j:image

こんなに食べたら次が食べられないじゃない!!

夫はまだ胃の調子が悪くホットミルク。私はブラックコーヒー。

あ~ノンシュガー落ち着くわ~。

 

この店でサンドイッチを食べながら作戦を立てます。

チェンマイで何する!?

チェンマイでやることといえば

ざっとこんなところですが、夫は全然乗り気ではありません。

以前、象乗り体験もしたことあるし、山岳民族なんて見ても別に。水遊びも興味ないし、温泉なら北海道にいくらでも湧いてる。寺も見飽きたし、ショッピングなど言語道断!

要するに食べ物にしか興味ないんですよね~(笑)

さて、何する!?

ということで、ワットドーイステープに行くことに決定いたしました~!

寺行き決定ってことです(笑)

 

サンドイッチも食べ終わってプラプラホテルに歩いて向かう途中、屋台を発見。お店が開き出している様子です。

よし!街ブラ続行しよう!ということで、次は乗り捨て自転車を使って街ブラです!

 

チェンマイで便利な自転車『モバイク』に乗ってみた

チェンマイでは乗り捨て自転車を使うことができます。

アプリを使って自転車のカギを外して乗った分だけアプリ内で支払いするシステムの超便利な自転車『モバイク』に乗ってみます。

モバイクの詳しい使い方はまた別記事でご紹介することにします。

Mobike モバイク - スマート バイクシェアリング

Mobike モバイク - スマート バイクシェアリング

  • Beijing Mobike Technology Co., Ltd.
  • 旅行
  • 無料

 

チェンマイの街中にこんな風にモバイク自転車があちこちに置かれています。


f:id:mellowed:20190604113856j:image

f:id:mellowed:20190604113853j:image


クソ暑いチェンマイ市内を快適に移動できます。

徒歩だと色んな所が見れるので良いのですが、暑くて体力が奪われます。

自転車だと車では入れないような小さな路地にも入れるし、ゆっくり見ながら街中探索をできるので本当に自転車は素晴らしい!

f:id:mellowed:20190604123738j:image

乗らなくなったらその時点で停めて置きっぱなしでオッケー。

こんな便利なものがあると調べ上げてくれた夫に感謝です。

偶然、チェンマイの地元民が通う中国系市場を発見。ものすごく賑わっていました!


f:id:mellowed:20190604124002j:image

f:id:mellowed:20190604123951j:image

f:id:mellowed:20190604123954j:image

f:id:mellowed:20190604123958j:image

自転車だと色んな所に行けて楽しい!

 

ワット・プラタートドーイステープで『はしゃぐお坊さん』

自転車で街ブラしてたら楽しくてあっという間に11時になってしまいました。

 

ワットドーイステープ方面に向かう大きな道路、チャーン・プアク門辺りまで自転車で向かいました。

ガイドブック『地球の歩き方によるとこの辺りにドーイステープ行きのソンテウ(乗り合いタクシー)乗り場的なものがあるらしい。のですが、、、

特になし。そんなの見当たりません(T_T)

で、そのあたりに1台ソンテウがいたので交渉しました。

行きだけの片道で300B、往復で400Bとのこと。

 

オッケー!と合意して、自転車は乗り捨ててソンテウに乗り込みました。

途中スタンドで給油ですが、タイも日本もガソリンスタンドは同じでした。


f:id:mellowed:20190604124149j:image

f:id:mellowed:20190604124146j:image


チェンマイの旧市街から山道を通り抜けて40分ほどでドーイステープに到着しました。

山道といってもそれほどでもなく、距離も結構近いと思います。

ソンテウのドライバーの人にはそのまま待っててもらって観光してきまーす。

f:id:mellowed:20190604124314j:image

まずは長い階段を上がらなければ仏塔を見ることができません。

右側の帽子を被ったおばちゃんの後ろ、奥の右側に見える子どもたちは

山岳衣装を着て観光客と写真を撮り稼いでいる子供たちです。

f:id:mellowed:20190604124411j:image

 

上から階段を見下ろすとこんな感じです。結構上がってきましたね。

f:id:mellowed:20190604124506j:image

階段の両端には蛇の模様が見えますがこの参道を守っている蛇神だそうです。by地球の歩き方

ようやく入口が見えました。こちらで1人30Bお支払いです。

これは外国人価格です。タイ人はもう少し安く入れるみたいです。


f:id:mellowed:20190604124738j:image

f:id:mellowed:20190604124733j:image

f:id:mellowed:20190604124742j:image


白人チームは皆さん、足を出さない格好ですね。でもここの寺院はワットアルンとは違い、女性が半ズボンでも入場規制はありません。

ただし、仏塔が見える入口の前で靴を脱がなければなりません。靴下はそのままで大丈夫です。

というか、あるなら履いていた方が良いです。

f:id:mellowed:20190604124905j:image

靴下を履いていない人は裸足ですが、37℃以上もある直射日光が直撃し、床がめちゃくちゃ熱くなっています。私は足の裏が熱々で飛んだり跳ねたりしてました(笑)

ちなみにこの写真の女性達は裸足で床をあるいてますが、ここカーペットじゃないんです。

でも飛んだり跳ねたり走ったりしてませんね。。。いや、私盛ってないですよ!本当に床が熱々なんですから!

 

山の頂上にある、素敵な金色の仏塔です。

f:id:mellowed:20190604125633j:plain


仏塔の周りをぐるりと歩いていると、チェンマイの景色を見られるビュースポットがありました。


f:id:mellowed:20190604125629j:image

f:id:mellowed:20190604125839j:image

f:id:mellowed:20190604125844j:image

天気が良かったのですが、ちょっと霧がかかっていて残念でした。

 

修行をしているお坊さんたちの様ですね。

f:id:mellowed:20190604173413j:image

 

お寺見学も修行の一環でしょうか。

ん?本当に修行なのかな??


f:id:mellowed:20190604173611j:image

f:id:mellowed:20190604173604j:image

f:id:mellowed:20190604173607j:image

 

写真撮ってくれよ!はい、撮るよー♪ どれどれちゃんと撮れたか?見せろよ!

ってはしゃいでるやんけ。タイ語なので本当のところはわかりません。

 

お坊さんが寺でサングラスしてはしゃいでる!

スマホの写真チェックしてキャッキャッしてるw

f:id:mellowed:20190604173752j:image

サンダルとかこれでいいの??(笑)

お坊さんが完全に遊んでます!!

 

タイは仏教の国。日本とは信仰心が違います。

女性はお坊さんに絶対に手を触れてはいけないし、お坊さんの隣に座ったりすることも禁止されています。

お坊さんは崇められているようなそんな存在です。

が、本当かな(笑)

私達夫婦、お坊さんのはしゃぎっぷりを写真に撮っちゃったけど本当はダメなのかな(笑)

タイに来たらいつもどこかでお坊さんがはしゃいでいるのを目撃します。

 

帰りに初めて木になっている大量のジャックフルーツを見ました。すごい。

f:id:mellowed:20190604174213j:image

 

さて帰りますか。と、ふと帰りのソンテウの方を見るとターペー門まで80B!

f:id:mellowed:20190604174250j:image

安い!!

観光地だからもっと値段を吹っ掛けられると思っていたのに!

市街から片道だけ乗ってきても帰りの心配はいらないみたいです。

 

絶対に行きたかったガイヤーンのお店

観光を終えた私達はソンテウのおじさんに、本日ランチを食べに行くお店の近くで降ろしてもらうように何とか伝えました。

それがコチラのお店ガイヤーン・ウッチェンブリー』です。 

 

 

またまた夫が調べに調べたお店。地元民には超人気のお店らしいです。

ガイヤーンとは、スパイスの効いたタレに付け込んだ鶏をグリルしたものです。

めちゃくちゃ美味しいらしいので楽しみにして行くと、、、

f:id:mellowed:20190604211106j:image

3日間の臨時休業の様です。

そう、タイはこの時、国王の戴冠式でお祝いムードです。

こちらのお店も国王の戴冠式があるので臨時休業なのでしょうね、残念過ぎる(T_T)

でも明日には営業するようです!!

 

さて困りました。

どうしようか考えていると、このお店の隣のレストランがものすごく賑わっていて

現地のお客さんもたくさんいたので、お隣で食べることに決定です。

 

定番メニュー『パ・ガパオガイ』にようやく出会う

お隣のレストラン『Khao Tom Bath Diao』でランチにしました。


f:id:mellowed:20190604213057j:image

f:id:mellowed:20190604212941j:image

f:id:mellowed:20190604212943j:image

 

メニューが豊富で選べない!!

f:id:mellowed:20190604212853j:image

タイと言えば「ガパオごはん!」ようやく日本でお馴染みのメニューにありつけるようです。

ガパオライスの正式名称は『パ・ガパオカイ』と言いますよ。

日本ではお馴染みのガパオご飯、鶏肉で作るとガパオカイ、豚肉で作るとガパオムー、豚挽肉で作るとガパオムーサップと言い方が違います。

 

日本で食べるガパオとはひと味もふた味も違う美味しさなのですよ~!!

ハーブとスパイスが日本の味とちょっと違うんです。

日本では半熟卵のせが定番ですが、タイでは付いておりません。

卵は別でオーダーすると付いてきますが、私は半熟卵が大嫌いなので

これがちょうどいいのです♪

f:id:mellowed:20190604212816j:image

 

夫がオーダーしたのは

カオパットムーグローブ(カリカリスペアリブのチャーハン)+カイダーオ(目玉焼き)

f:id:mellowed:20190604213010j:image

 

夫もガパオが食べたかったようですが、なにせ胃がね。。。

タイのガパオは激辛なので、弱っている時にはちょっと。

ガパオは本当に本当に美味しかった~!チャーハンも美味しかったけどガパオの美味しさが凄すぎて感激できなくなるほどでした。

突然入ったのに、このお店がこんなに美味しいなんてびっくりでした。

美味しいお店はお隣同士で刺激し合い高め合うのでしょうかね。

 

 

 

チェンマイを散策してみる

お昼ご飯を食べた後は、また街ブラしてみることにしました。

ですが、時間は13時半。喉は乾くし日差し直撃だし暑くて暑くて倒れそうです。

乗り捨て自転車も全然ないし、タクシーもいません。

途中でようやく1台モバイクを見つけて乗ると突然!!元気になりましたー。

途中夫の分もモバイクを見つけて、さらに元気100倍!

街ブラして見つけたカフェで一休みしました。

フリーWi-Fiがあるカフェで携帯を充電しつつネット検索。クーラーの有難みが身に沁みました。

 

オイルマッサージでひとやすみ

ちょうど旧市街の中央部分辺りでマッサージ店を見つけました。

軽い勧誘をされてちょっと心配だったけど、感じが良かったしハッピーアワーだったのでここに決めました。


f:id:mellowed:20190605160823j:image

f:id:mellowed:20190605160819j:image



フットマッサージとタイ式マッサージで90分400B(約1400円)のメニューにしました。私達、始めての奮発(笑)今までで1番お高い!

とは言え、90分1400円ですからね(笑)激安です。

 

足浴してもらってからフットマッサージを受けました。

モデルは夫の足(;^ω^)

f:id:mellowed:20190605160855j:image

 

あまりにも上手過ぎるせいか、フットマッサージだけで寝落ちしました。

フットマッサージの後には、全身マッサージを受けました。


f:id:mellowed:20190605160947j:image

f:id:mellowed:20190605160944j:image

 

ここで受けたマッサージが今までで1番最高です!!疲れが全部取れました~!

施術後にはハーブティーとハチミツがけバナナを出してくれて、これがカラダに染み渡りました。

f:id:mellowed:20190605161011j:image

 

このお店、絶対お勧めです!!! 


f:id:mellowed:20190605161111j:image

f:id:mellowed:20190605161103j:image


 

チェンマイで絶品カオソーイに出会う

マッサージ店のすぐ裏側に緑の丼マークが付いたお店が3店舗並んでいました。

緑の丼マークが付いたお店は、タイ人が選ぶタイで美味しいお店に与えられるマークです。美味しいお店の確立が高いってわけです!

中央のお店に行きたかったのですが、もう売り切れでこの日は閉店したようです。

という訳で、そのお隣のお店を除くとカオソーイのお店!!

チェンマイと言えば『カオソーイ』名物料理です。

f:id:mellowed:20190608154626j:image

誰に教えてもらったのかな、日本語(笑)

『おいしいチュソユイの地方米斗王里』って書いてあるように見えます(笑)

チュソユイじゃなくてチェンマイだよ(笑)

本当可愛いな~、タイ人は。

 

日本ならこんなインチキ臭い看板があったら味も信用ならないけれど、タイは違いますよ。

閉店間際の様で、店じまいを始めていましたがすんなり入れてくれました。

微笑まないけど優しいんです。

コチラがメニューです。日本語でも書いてありました。


f:id:mellowed:20190608154714j:image

f:id:mellowed:20190608154717j:image



念願のカオソーイです。

f:id:mellowed:20190608154800j:image

タイ版のカレーヌードルといった感じです。

タイならではのスパイスの効いたカレースープに丸ごとチキンとカリカリに揚げた麺がのっています。カリカリ麺でも美味しいし、スープに浸されて普通ヌードルになっても美味しい~♡

これは日本人も食べやすい馴染み深い味だと思います。

でも一歩間違えると、ハーブの臭みが気になって不味くも成り得る一品。

このお店だから美味しいんだと思います!

 

夫はカオマンガイです。またかよ。

f:id:mellowed:20190608154855j:image

だけど!このお店のカオマンガイも美味しかったです。

しっとりの鶏肉は臭みも無く鶏の旨味だけ。スープも激ウマでした。

でももうカオマンガイは食べなくてもいいんじゃないかな。と思います(笑)

夫曰く、このお店のカオマンガイバンコクの超有名店『ピンクのカオマンガイ屋さん』のお味に似ていたそうです。

 

北タイ料理を堪能『AROON RAI』レストラン

カオソーイを食べた後は旧市街を見ながら街ブラをして、ちょっとのんびりしました。

夫婦共にお疲れで口数も少なくなってきました(笑)

カオソーイの後はただブラブラしていただけでした。

夜はホテルの近くの北タイ料理を食べることにしました。


f:id:mellowed:20190608155011j:image

f:id:mellowed:20190608155014j:image

f:id:mellowed:20190608155005j:image

北タイ料理のカレーはココナッツミルクの入っていない生姜の効いた日本人にも食べやすいカレーです。


f:id:mellowed:20190608155118j:image

f:id:mellowed:20190608155129j:image

f:id:mellowed:20190608155136j:image

f:id:mellowed:20190608155122j:image

タイ北部ならではのカレーとソムタム、ナーム(タイ北部の辛いソーセージ)、もち米も頼んでみました。

カレーはジンジャーが思いっきり効いていて美味しいけど辛い…

もち米意外はどの料理も辛いんです。

なんだか疲れているせいか、食欲もなくなってきたし、感動も薄くなりぼーっとすることが多くなってきた4日目の夜でした。

こうして旅4日目、チェンマイ2日目が終わりました。

早く寝て、5日目には復活の予定ですが、、、

5日目に続きます♪

平成から令和へ☆タイ旅行3日目~チェンマイ編~

前回の続き↓↓↓ タイ旅行3日目に突入します。

 

平成から令和へ☆タイ旅行1日目~バンコク編~ - ヲタんこナース英会話上達への道

平成から令和へ☆タイ旅行2日目~バンコク編~ - ヲタんこナース英会話上達への道

 

この日は平成最後の日。そんなことも忘れ楽しんでいたタイ3日目です。

バンコクから一旦脱出して、チェンマイへ飛びましたよ。

 

カオサンの『ゲッコーバー』でモーニングトースト

そろそろタイ料理も飽きて出たところでトーストを挟むことにしました。

今までタイに来た時、何が何でもタイ料理を食べていたのですが、無理するのをやめることにして、たまにトースト食べてみよ。ということになりました。

夫の胃の調子、雲行きが怪しくなってきたみたいです。

以前のタイ旅行、胃腸炎で寝込んだことがあるのです。

早めに処置をします。ここは無理せず慣れ親しんだトーストにしましょう。

 

カオサンの中心からほんの少し外れるとこんな光景です。


f:id:mellowed:20190530174053j:image

f:id:mellowed:20190530174056j:image

 

お店の名前のせいかお客さんは日本人率高めです。

この日はGWの10連休中4日目、カオサンで日本人をたくさん目撃するようになりました。このお店にも団体のお客さんが朝ごはんを食べに来ていました。

 

ハムチーズトーストとアイスコーヒー

f:id:mellowed:20190530174236j:image

トーストがパッサパサです(笑)中のちょっとしたソースがタイの味付けです。

タイの味とトースト、あんまり合わないです(笑)

ブラックのアイスコーヒーを久しぶりに飲めたのは感動でした。タイの屋台ではブラックのコーヒーがメニューにはないので、必然的に砂糖とミルクがインされてしまいます。。。

夫は胃の雲行きが怪しいのでホットミルクにしてました。慣れ親しんだ味は落ち着きます。

 

ドンムアン空港のフードコート

まずはカオサンからバスに乗ってドンムアン空港へ。30分に1本の割合でバスが来ます。それから国内線を使ってチェンマイまで移動します。

行きと同じA4バスに乗りました。

 

空港に着くとちょうどお昼。またご飯を食べますよー。

フードコートの入口付近で一旦カードを購入し、それを使って各店舗で食事を購入します。食事が終わったら、カードを購入したところに戻りカード内の余りのお金を返金してもらいます。

f:id:mellowed:20190530174400j:image

システムめんどくさい。。。

 

私はお惣菜をチョイスして、プレートランチに出来るタイプのお店で頼みました。


f:id:mellowed:20190530174436j:image

f:id:mellowed:20190530174433j:image

 

タケノコの炒め物、ナスの炒め物の2品を注文しました。

f:id:mellowed:20190530174503j:image

やっとお惣菜食べられるわ♪

ひと口食べるだけでめちゃくちゃ辛いんですけどーーーー!

見た目が辛そうじゃないだけにびっくりしました。この旅行中に食べた物の中で1番辛かったのがこの料理でした。

口から火が出そうな程辛い!食べたいけど食べられなーい。

ちなみに辛いのはそこそこ得意な私ですが、あんまり頑張って食べると辛さで胃腸炎が起こるので2/3程度でやめました。初めてのタイ旅行の時、辛いものを食べ過ぎて胃腸炎を起こした経験があるのでやめておきましょう。

 夫婦揃ってタイで胃腸炎の経験ありです(-_-;)

 

夫はカオマンガイヤーン?を注文しました。

カオマンガイは茹で鶏ですが、こちらはカオマンガイを焼いたものです。名前はたぶんカオマンガイヤーンだと思います。

f:id:mellowed:20190530174803j:image

私は昨日のカオマンガイの方が好き。夫は空港なのに美味しい!と満足気でまだ何か食べようとしていました。

案の定もう1品。カオカームー(豚足煮込みぶっかけごはん)です。

f:id:mellowed:20190602174035j:image

よく食べること。。。胃は大丈夫かしら。

日本では空港のご飯はあまり美味しくないですが、ドンムアン空港はクオリティが高いようです。

 

チェンマイに到着

LCCエアアジアを使って無事にチェンマイに到着しました。

今回は飛行機トラブルはございませんでした(笑)

空港からバスに乗り宿泊先へ移動することにしました。

バスは空港から30分おきにやって来ます。お値段は20B(約70円)です。

バスに乗ると路線図をくれました。

私達は新市街の方に行くのでR3の黄色のバスに乗ります。

万が一赤のR3に間違えて乗ってしまっても、遠回りですが到着します。

f:id:mellowed:20190602221535j:plain
f:id:mellowed:20190602222833j:plain

 

飛行機から降りると40℃超えじゃない!?というくらい暑い!日差しが直撃すぎる!

遮るものが少ないからかバンコクより暑いと思われます。そんな中バス停でバスを待つのも辛い。。。

バスに乗りチェンマイの旧市街付近へ向かいますが、ものすごく近いのでタクシーでも良かったかも。。。次に来るならきっとタクシーに乗ります。

 

ホテル『ビパハウス』でチェックイン

チェンマイには3泊しますが、最初の2泊はココ、ビパハウスとなっています。

f:id:mellowed:20190531165712j:image

チェックインとチェックアウトに必要な英語のみ通じますが、それ以外の英語は通じません。

滞在中、受付の人に声をかけられて『rain soon』みたいなことを教えてくれたので、『How is the weather tomorrow??』とキャッチボールしようとしたら、思いっきり無視して逃げるようにしていなくなってしまいました。

優しいけど、もうこれ以上の話は無理だったのね。ごめんね(;^ω^)

まあ、私の英語も怪しいもんですけどね。

 

こちらのホテルの部屋はとても広くてコンセントはたくさんあります。

浴室はトイレとシャワールームが一体ですがとっても広いので濡れることはありません。

エアコンも冷蔵庫も完備ですごくリラックスできる部屋でした。

ただし!シャワーが全然出ません。。。水圧が弱すぎます。

全然シャンプーが流れないので、ペットボトルの水をぶっかけながら洗いました。

暑いので全然平気でーす♪

お値段は、二人で2日間の滞在で1200B(約4200円)でした。

安くて良い部屋なのですが、場所が少し悪かったです。

チェンマイの旧市街は門で囲まれていますが、私達の泊まるホテルは門の東側、新市街エリア。

ホテルの周りは静かですし、すぐに大きな通りに出られるのでそこまで不便ではありませんが、少しだけ不便でした。

 

 

街ブラからマーケット

チェンマイなのでカフェに入ってスイカジュースを飲んでカシューナッツ炒めを食べたら、街ブラ開始です。


f:id:mellowed:20190602174351j:image

f:id:mellowed:20190602174348j:image


バンコクとは雰囲気が違って、時間がゆったりのんびり過ぎていく感じです。


f:id:mellowed:20190602174506j:image

f:id:mellowed:20190602174503j:image

f:id:mellowed:20190602174510j:image


でも客引きが多い!バンコクとは全然違います。どちらかと言うと逆のイメージですけどね。バンコクではあまり観光地に行っていないからでしょうか。

 

街ブラはナイトマーケット巡り。

チェンマイナイトバザールカーレーナイトバザールアヌサーン市場をぐるりしました。

このナイトマーケットは、中国人や韓国人の観光客で溢れかえっていましたが

何故でしょうか。。。他ではほとんど見かけなかったのに。

 

さて、ここで一旦休憩しまーす。

 

 

チェンマイでマッサージ『Na Kalare Massage』

チェンマイナイトマーケットすぐ近くにはたくさんのマッサージ店があります。

このお店の前を通った時に客引きがいなかったのでここに決めました。

 

全身オイルマッサージを1時間してもらいました。

180B(約630円)の格安店ですが、お店の雰囲気も良いしとっても気持ちいい!

あ、そもそも格安店しか行ってないか(笑)

 

私達はこのお店でとても満足したので、いつも通りチップを50Bずつ払ったのですが、ちょうど韓国人男性4人グループのお客さんも別の店員さんにチップを払うところでした。

みんなどのくらい払っているのか気になり見ていると、韓国人のうちの1人が40Bだけ支払って『separate!』と言っていました。

4人分まとめてチップを40B支払い、皆んなで分けろ!と言ったのです。

そのまま帰って行きました。

感謝の気持ちは相手に対して1人ずつ言うものだし、チップそれだけ?分けたら1人10Bしかもらえません。可哀想です。。。

余談でしたね。

 

とにかくこの店は上手だし丁寧な対応をしてくれました。絶対オススメです!

 

 

 

チェンマイ門付近の屋台飯

マッサージを終えてからソンテウという乗り物に乗ってターペー門へ移動です。

f:id:mellowed:20190602182852j:image

ソンテウというのは、乗り合いタクシーのことです。

安くて便利なソンテウチェンマイ庶民の足となっています。

f:id:mellowed:20190602174948j:image

乗り方などはまた後日、詳しく別記事にまとめる予定です♪

ターペー門から徒歩でチェンマイまで移動しました。

チェンマイ門付近には夜になると屋台が出ます。


f:id:mellowed:20190602182658j:image

f:id:mellowed:20190602182700j:image


チェンマイ門周辺の屋台で

カオマンガイとトードのハーフクンパオ(海老焼)、ソムオウザボン)を調達しました。


f:id:mellowed:20190602174904j:image

f:id:mellowed:20190602174901j:image

f:id:mellowed:20190602174857j:image

私はなんだか食欲があまりありませんでした。

夫はまたカオマンガイを食べておりましたが、よく飽きないですね。。。

タイのエビは川で獲れる海老なのでちょっと臭かったです。

ソムオウは本当に美味しい!なかなかさっぱりしたものが食べられない中、これが1番さっぱりするのですが、屋台で調達するフルーツは全部温いので冷えたフルーツが食べたいな~と思います。

部屋に冷蔵庫があれば持って帰れますが、クーラーが効いている場所で食べてもあんまりありがたくないんですよね~。

フルーツが美味しいのですが冷えていないのが残念なところです。

 

チェンマイに移動した3日目はこれにて終了です。

あまりチェンマイの良さにピンと来ないまま3日目が終わってしまいました。

気を取り直して4日目に続きますよー♪

平成から令和へ☆タイ旅行2日目~バンコク編~

前回のタイ旅行1日目の記事から引き続き2日目の記事となりまーす♪www.otanco.com

 

朝からプラプラ

少しプラ付きながら朝ごはんを食べるお店に向かうことにしました。

街中が黄色一色。国王お祝いムードです。

洋服のお店はどこも黄色黄色黄色。。。


f:id:mellowed:20190527175533j:image

f:id:mellowed:20190527175530j:image

f:id:mellowed:20190527175536j:image


買う人いるんだろうか。と思いますが、割とみんな買っているし着ています。

日本では考えられないですよね。

 

ハラル料理店『アイサロッディー』

今回4度目のタイ旅行。

今までも美味しいものを食べてきましたが、ハラル料理店は初チャレンジです。

ハラル料理とは、イスラムの戒律にのっとって処理された食材を使い豚肉やアルコールを使わずそれらが使用された調味料も使用しない料理のことです。

 

夫が調べに調べたお店『アイサロッディー』ハラル料理をいただくことにしました。

この店はどのガイドブックにも載っていません。ネットでは見かけますが。

店内を見渡しても『タイ人が来るお店』で間違いなさそうです。

f:id:mellowed:20190529224122j:image

時間帯のせいか店内にお客さんが誰もいなかったのですがしばらくするとタイ人が続々やって来ます。

やっぱり美味しいお店にはタイ人が集まってきますね。期待値アップです。

メニューは英語表記&タイ語でありますのでご安心ください。

まずは喉がカラカラなので、カフェラテを注文です。

タイのカフェラテは驚くほどに甘いです。暑くて糖分を欲するのでしょう。

甘くてもこんな風に氷ガッツリ入れてくれると飲みやすいです。

f:id:mellowed:20190529170903j:image

お店によっては氷が別料金でかかることもあります。

観光地に行くと氷抜きでドリンク注文をする観光客が多いせいか、わざわざ言わないと氷なしでドリンクを渡されたりします。

この店は頼まなくとも氷に入ってきました。タイ人のお客さんが多い証でしょうか。

 

注文した料理が来ましたよ♪


f:id:mellowed:20190529170957j:image

f:id:mellowed:20190529170951j:image

f:id:mellowed:20190529170955j:image

左:カオモックガイ(サフランライスの柔らかチキンのせ)

中央:クイッティアオゲーン(米麺カレーヌードル)

右:ロティマタバ(小麦粉を使ったイスラム風包み焼き)

 

ビックリするほど美味しい~!!

私が頼んだカオモックガイは、カレーピラフみたいなお味のごはんに超柔らかな臭みのしっかりとれたカレー味のチキンが美味しい~!!

カレー味のクイッティアオもめちゃくちゃ美味しいかったです。

どちらも全然辛くありません。

右のロティマタバは、店員さんが作るのを忘れていたようでしばらくしてから運ばれてきましたが、もうお腹がパンパンで感激が薄かったのですが美味しかったです。

これは春巻のようなパリパリの皮に野菜の具が詰められたものでした。

奥に見える生姜と玉ねぎは浅漬けみたいでお口に直しに美味しい味でした。

タイ料理とはまた違った美味しさ♪

 

ちなみにお会計の時に来た店員さんは、数字さえ英語が言えず、テーブルに直書きでお会計してくれました。

ローカルが集まるお店に行くと、数字もハローも一切の英語が言えない人率高いです。

 

 

チャオプラヤ川を船で渡る

前回のタイ旅行では船の情報が少なくて訳がわからず乗ってみた。ですが今回は大丈夫です(笑)

船に乗る前にチケットを買い、降りたい船着き場の色と同じ旗の船が来たら乗るだけです。


f:id:mellowed:20190529192321j:image

f:id:mellowed:20190529192318j:image

f:id:mellowed:20190529192315j:image

チケット売り場のお姉さん、仕事しながらジュースを飲んでますがこれはタイでは普通です(笑)

タイ人が行く激安レストランではご飯食べながら注文を受けたり、モゴモゴしながら料理を運んだり(笑)自分も食べながら仕事しちゃうタイのそういうところも好きなところです。

 

船の話に戻ります(笑)

エクスプレスは停まらない駅もありますので路線図の駅の旗の色をよく見ておいてくださいね♪

船には旗が付いています。路線図と船の旗の色が同じかどうか見て下さいね。各駅に停まる船もありますよ♪


f:id:mellowed:20190529192513j:image

f:id:mellowed:20190529192510j:image

f:id:mellowed:20190529192516j:image

私達はN13プラ・アーティットから船に乗ってN10ワンランで降りました。

 

突然バスに乗ってワットアルンに行ってみた

船から降りて炎天下の中、街ブラ。

ワットアルンまで歩くには暑いし遠すぎるので、途中バスに乗ることにしました。

街ブラして急にバスに乗ることにしたので、バスが来るか不安でしたしどうやって乗り降りするのか不安でした(空港から乗るよりハードルが上がります)

バスに乗る前にバス停前の食堂のぶっきらぼうのおばちゃんに話しかけると、片言の英語で説明にならない説明をしてくれて優しくしてくれました。せっかくなので待つ間にティーを頼んだのですが、甘すぎるし勝手にミルクティーになってるし、タイの紅茶は本当マズイ(笑)何回飲んでもダメだ。。。ごめんね、おばちゃん。

バスに乗る時に、食堂のおばちゃんがバスの車掌さんと運転手さんに「この子たちワットアルンだから!頼んだよ!」と、タイ語で話している様でした。たぶんね(笑)

 

バスに乗ると、ここに座りな!と車掌さんが手ぶりで教えてくれて、運転手さんのすぐ横の特別席に座らせてくれました。


f:id:mellowed:20190529192641j:image

f:id:mellowed:20190529192638j:image

バスの車中も黄色率高めです(笑)

バスの降り場も大体な感じで日本のようにきっちりバス停に停まりません。

どのバスも車掌さんが「どこ行くの?」(たぶんそう言ってると思う)聞いてくれるので、行き先を伝えると「ここだよ!」と教えてくれ、バスに乗っても運転手さんと車掌さんが、ここで降りるのよ!と突然止まってくれて

微笑まないけどみんな優しいです。

私の中では微笑まない国・タイです(笑)

 

ワットアルンってこんなとこ

ワットアルンとは三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台にもなっているヒンズー教様式のバンコク三大寺院です。

バスを降りた私達はワットアルンの裏側に着きました。

 

チャオプラヤ川の目の前が正面の入口となっています。

私達はこの日半袖半ズボンの装いで寺院を訪れたのですが、女性は半ズボンのまま寺院に入る事ができません。

入口の前にレンタルスカーフがあるので、それを身に付けなければ入らせてもらえません。

デポジットで100B払い、50B?でレンタルだったと思いますが値段をはっきりと思い出せません。

男性は半ズボンのまま入場可能です。

入場料は1人50B(約175円)です。

f:id:mellowed:20190529224316j:image


とても美しい塔ですが、夜はライトアップされて更に美しいようです。

見るなら夜がオススメみたいですがものすごく混んでいると思われます。

 

 

ヤワラートの激ウマヌードル店『Aung Peng Chung Fishball Noodle』

ワットアルンからまた船でヤワラート近くのN5ラーチャウォンまで移動してヤワラート(チャイナタウン)に向かいました。

ココはヤワラートのメインストリート付近です。お昼も夜も活気が溢れています。


f:id:mellowed:20190529220341j:image

f:id:mellowed:20190529220337j:image


私はヤワラートでご飯を食べるのが楽しみで仕方ありません!!

ヤワラートはチャイナタウン、美味しいものが多いのです。

夫が調べに調べたお店『Aung Peng Chung Fishball Noodle』で食事です。

このお店も現地の人しか行かないお店で中華系のお料理とは全く関係ないのですが、手作りつみれヌードルが食べられるお店です。

 

お店の入口とメニューです。


f:id:mellowed:20190529220449j:image

f:id:mellowed:20190529220453j:image


左:センヤイナーム(太米麺汁あり)右:センレックヘーン(細米麺汁なし)


f:id:mellowed:20190529220527j:image

f:id:mellowed:20190529220531j:image


今まで4度タイ旅行に来て、一番美味しい!!!

この店でヌードル食べちゃったら、私、他のお店で食べられなくなってしまうわ!

奥に光る出汁スープが、タイの常識ではありえないほど繊細で美味。

この太い米麺もすごく美味しいけどつみれが美味すぎるでしょ!

毎日ここに通いたいくらい美味し過ぎでした。

ここにはタイ人しかいません。14時過ぎだというのに、次から次へとお客さんがやって来ます。

f:id:mellowed:20190529220643j:image

あの味が忘れられないほど美味しいお店です!あー、今も食べたい。

 

 

衝撃!!ドアガラ空き爆音車内育児バス

遅い昼ご飯を食べた後、バンコクのオフィス街・歓楽街があるシーロム付近へバスで移動しました。

シーロム付近は大渋滞です。

f:id:mellowed:20190529220741j:image

エアコンのない料金たった10B(約35円)のバスに乗り移動中、日本ではありえない光景を目にしました。

バスの運転手さん、奥さんは車掌さん、子供が2人、運転席の横で寝ています。


f:id:mellowed:20190529211647j:image

f:id:mellowed:20190529211654j:image

f:id:mellowed:20190529211642j:image

f:id:mellowed:20190529211650j:image

え?えーっ!?
子供が、家族が、、、運転席の周囲が自宅化してる!!!しかもここはバンコク中心街!!!

まだオムツをしている赤ちゃんは1歳になっているのかしら。

バスが信号待ちや渋滞で止まると運転手さんも赤ちゃんをあやしたり、ミルクをあげたり、娘に声をかけたり。バスの車内は、仕事場であり、家族団らんの場であり、育児の場でもあるのです。

 

なんか、、、家族愛を感じました。日本よりも家族を大切にしているんだな。と。

そんなほっこりした感じですが、バス内は爆音ですし、エアコンが無いので窓はもちろんドアも空いています(笑)

↓↓↓車内の様子がコチラからどうぞ↓↓↓

バンコクのエアコンのないバスの車内 - YouTube

危険なのでドア付近には誰も立ちません。気を付けて乗りましょう。

色んな意味で驚きの連続でした。ふぅ。

 

タラートナットロットファイラチャダー『鉄道市場』に行ってみた

ラチャダー鉄道市場に行ってみることにしました。

本当はナイトマーケットなので夜に行くと活気があり夜景も綺麗なのですが、結構早めに着いてしまいました。

このナイトマーケットはタイの若者に人気のナイトマーケットです。

とにかく暑いのですぐ喉が渇くのですが、お酒はやめましたのでフルーツジュースが中心の生活です。

私はすっかり生パッションジュースがお気に入りです。

果肉の美味しさがたまりません。

今まで旅行ではお酒ばっかりだったからジュースの美味しさには気付けなかったな~。


f:id:mellowed:20190529220900j:image

f:id:mellowed:20190529220857j:image


マーケットのすぐ横にあるエスプラネードというビルの駐車場4階まで上がると

こんな風に上からマーケットを見下ろすことができるのですが

実はここ、夜撮影すると屋台の屋根が電気で光って見えるので綺麗みたいです。

私達はフライングでした。夕日が綺麗でしたが屋根のライトアップが見れなくて残念です。

f:id:mellowed:20190529220932j:image

飽きたので夜まで待てず移動で~す。

 

バイクタクシー3人乗りで移動しましたが、写真は撮れませんでした。

通常2人乗りですが、運転手を含め3人乗りで行ってくれることもあります。

f:id:mellowed:20190529221004j:image

3人乗りの場合、真ん中の私は狭くて苦しいんですよね(T_T)

 

 

ホアイクアンナイトマーケットで屋台飯

さて、またしてもご飯を食べます。

この辺りはタイ人が多く住むエリアで観光客はあまり見かけません。

ごはんの前にマッサージを受けましたが写真撮り忘れです。

お客さんもタイ人しかいませんでした。けど、イっタイ!足がちぎれるかと思いました。でもなぜか終わった後は足が軽い!あんなに痛かったのに疲労が取れてました!

 

さて、ごはんごはん♪ またしてもご飯です(笑)

街ブラして見つけた屋台で食べることにしました。

鳥がつるしてある左の写真はカオマンガイ屋台です。


f:id:mellowed:20190529221134j:image

f:id:mellowed:20190529221124j:image

f:id:mellowed:20190529221127j:image

f:id:mellowed:20190529221122j:image


カオマンガイとは、鶏スープで炊き込んだごはんに柔らか茹で鶏が乗った料理です。

日本でもタイ料理としてはポピュラーなお料理ですよね。

私は鶏肉の臭みが気になるのでどちらかというと嫌いです。

未だ美味しいカオマンガイを一度も食べたことがありません。

隣の屋台で生春巻きも売っていたので買ってみました。


f:id:mellowed:20190529221305j:image

f:id:mellowed:20190529221309j:image

f:id:mellowed:20190529221131j:image

左:カオマンガイカオマンガイトードのハーフ  中央:カオマンガイトード

カオマンガイトードはフライドチキンのことですが、このお店は普通のカオマンガイの方が絶品でした。

チキンの臭みはほとんどありませんし、チリソースも醤油ダレ風のソースもどちらも美味しい。

今までの人生食べた中で1番美味しいと思われます。

生春巻きのパックの中にはたくさんの小さな虫が(笑)

もう何も気になりません。

よけながら食べましたけど、たぶんロールの中にもはいっていることでしょう(T_T)

 

帰りに屋台街を見ながら、、、惣菜屋台もあったんだ。

今はもう食べられるお腹ではありません。名残惜しい。

f:id:mellowed:20190529221340j:plain
f:id:mellowed:20190529221337j:plain

ドリアンはやめとく~。

 

 

 

ヤワラートまで地下鉄で行き、そこからトゥクトゥクでカオサンまで帰ってきて23:30。

f:id:mellowed:20190529221519j:image

 

名残惜しくてまだ帰らずにバーで〆のフルーツを食べました。

f:id:mellowed:20190529221555j:image

カオサンはフルーツまで美味しくないのね。とっとと帰るべきでした。

 

カオサンのランドリー屋さん

 

カオサンはバックパッカーの聖地。長期滞在する人も多いのでそこら中にランドリー屋さんがあります。

f:id:mellowed:20190530212518j:image

お店に洗濯物を預けると、お店の人が普通の洗濯機で洗濯物を洗ってくれて、その辺の道路の前に干してきちんと綺麗に畳んで返してくれます。

私のブラジャーは、皆が歩く道路の前に干されていてランドリー店の前を通った時にブラジャーを発見した時は驚きました。でも、まあ誰も気にしてないし、あのブラが私のものだなんて誰も知らないだろうからどうでもいっか(笑)という感じでした。

何時間も晒されてもらっちゃって(笑)たまには人に見てもらった方が良いかもしれません。

 

乾燥機に入れたりアイロンがけなどはありませんのでクリーニングとは違います。

洗濯物の量によって値段が違います。1㎏35B(約123円)

私達は2Kg出しました。

朝出すと夕方には仕上がっています。夜に取りに行きました。

ちなみにここで洗濯してくれています。

潔癖の方はここで洗濯してもらうのは無理でしょうね。。。

ちなみに私は全く気になりませんので下着まで洗ってもらっちゃいました。

f:id:mellowed:20190530212614j:image

エクスプレスもあるようなので、その場合は乾燥機を使ってもらえるのかな?

ジュース屋さんも兼務です。

 

さて、長い2日目が終わりました。ちょっと動き過ぎましたね~。。。

3日目に続きます。

平成から令和へ☆タイ旅行1日目~バンコク編~

2019年4月28日、ゴールデンウィーク10連休に合わせて5年ぶりタイに舞い戻りました!

ちなみに私、2018年をもちましてお酒をやめましたので、お酒をやめてから初めての海外旅行となります♪

お酒がなくても旅行が楽しめたのは本当にビックリしました!

お酒のないタイ・バックパック、スタートです♪

 

空港からバスでカオサンへ移動

新千歳空港からエアアジアでタイバンコクドンムアン空港に到着しました。

空港から宿泊先バックパックの聖地カオサン」へ移動します。

バス移動が一番安いので、バスで移動します。

ドンムアン空港の到着口の5番か6番出口から出るとバス乗り場すぐ目の前になります。


f:id:mellowed:20190522164005j:image

f:id:mellowed:20190522164002j:image

 

A1-チャトゥチャック・モーチット方面

A2-ビクトリーモニュメント方面

A3-ルンピ二公園・シーロム方面

A4-サナームルアン・王宮・カオサン方面   となっています。

 

私達はカオサンに行くのでA4バスに乗ります。

A1バスばかりが連続で来るので不安ですが、待ってればそのうち来ますのでご安心ください(笑)


f:id:mellowed:20190522164101j:image

f:id:mellowed:20190522164104j:image

f:id:mellowed:20190522164108j:image

バスに乗って座席に座っていると、バスの車掌さんがお金を集めに来てくれます。

A4バスは一律50B(約175円)となっています。

チケットを渡されますが、お金を払った後はチケットは使いません。

 

タイ国王即位式のリハーサルで交通規制

現地に到着してからわかったのですが、日本同様、タイでも国王の即位式が行われることになっていたようで、全然知りませんでした。

バスでカオサンの近くに来ると、目的地に到着していないのにバスから降ろされてしまいました。

降ろされたところはカオサン中心から約3Kmも離れていたのです。

バスの人も英語は話せないし、そこら辺にいる人も英語が話せない。

話せる外人は皆観光客で状況がわかってないのは同じ。

気温は37℃を超えている模様。炎天下の中、約7㎏あるバックパックを背負い歩き続けました。

なんでだ?ココどこだ?と夫がグーグルマップと睨めっこ。

夫は大のバンコク好き。何でも知っているので私は安心ですわ♪

しばらく歩くと交通規制と黄色い人たち。

道路は車が一切通れません。それでバスから降ろされたのね。


f:id:mellowed:20190522164236j:image

f:id:mellowed:20190522164243j:image

f:id:mellowed:20190522164240j:image

何かの行事らしい。。。

タイ人が黄色を着たら、国王関係の行事ごとがある時。

以前もタイ旅行で巻き込まれたことがあったので、何かあるな。と。

しかし、沿道にいるタイ人は英語が話せないし。

途中、バスで一緒だった白人が「カオサンこっちだよね?何やるのかな?」と英語で話しかけられましたが、「私達も知らないんだ~。カオサンはこっちだよ」と話しました。

機内からずっと英語やってて良かった。と、何度も思っていますが、まだ初日です。

マジで役に立つわ!ささやかながらの英会話。

 

カオサン通りに近づくと、英語が話せるタイ人発見!

「歩行はできません。少し待ってください。」←もちろん英語で。

私はすぐさま近づき「何やってるの?いつまで待つの?」←もちろん英語で。

coronationの練習です。国王が変わるのよ。15分くらい通行できません。」と言われましたが

「coronation」ってなんだ??普段使わない単語は全くわかりません。

アプリ辞書で調べると、「即位式戴冠式」とのこと。

タイ国王の即位式が行われると、この段階で知りました。

 

そうか、ここ王宮近くだから、ここがメイン会場付近か。これが練習ってことは、本番も通れないってこと!

OOPS!!なんてことだよ。またハプニングだ。。。

暫く待って、歩行できるようになりようやくカオサン到着です。

 

カオサンロード『Best Bar』でひとまずお食事

宿泊先のゲストハウスへ行く前に、まずは腹ごしらえをしました。

お腹ペコペコなので「もうどこでもいい!」と入ったお店

カオサン通り『Best Bar』でした。

f:id:mellowed:20190526132342j:image

めちゃくちゃ暑いし旅と言えばビールですが、私はもうお酒を完全にやめましたので羨ましいながらもまずはコーラを頼みました。

パッタイとカオナーグローブ(カリカリスペアリブとケール炒め?)とコーラの組み合わせでした。


f:id:mellowed:20190526132632j:image

f:id:mellowed:20190526132629j:image

左のパッタイの麺は完全に芯が残っているし、どちらの料理も味付けはイマイチ。

適当に入ったし、カオサン通りに美味しいお店などあるはずもなく仕方ありません。

それと、コーラはペットボトルにストローを挿してそのまま出されてすぐに温くなりました。

お会計をした後に、いつまで経っても後ろに店員が立っていて

“チップを待っている様子”でした。

あなた、何のサービスもしていないし、ここはきちんとしたレストランでもないし、コーラはぬるいし料理はマズイ。

一度店員と目が合うも、ちょっと意地悪して目を逸らすと咳払いをしたり口笛を吹いたりしてチップちょうだいアピールです。

こういう人には払いたくなくなりますが、まあ仕方がないので20B(約70円)払いました。

カオサンバックパックの聖地でも何でもない『ただの観光地』になってしまったみたいです。

 

後で知った事ですが、ここは夜になると爆音を出すDJバーだったようです。

どおりで食事が美味しくない訳ですね。

夜も客引きがきついお店ですので要注意です! 

 

ゲストハウス『BB&HOUSE』

気を取り直してゲストハウスにチェックインです。

f:id:mellowed:20190526132737j:image

日中のフロントの女性は感じの良い方でしたが、夜は若くて仕事できないタイプの人でした。

部屋の写真を取るのを忘れましたが、2人で寝られるベッドが1つとドライヤーがあります。

コンセントは3つしか使えませんでした。

シャワーとトイレが一体化しているので、シャワーを浴びるとトイレがべちゃべちゃになります。シャワーを浴びる時は、トイレットペーパーを毎回必ず取り外さないと水没状態となりますので、泊まる方は注意を!

階段の段差は1段ずつ違いますので、降りる時は注意を(笑)日本じゃありえん(笑)

小さな蟻が無数にいます。虫が苦手な方は宿泊をやめた方が良いと思います。

私は全く問題ありませんでした。イヤでも慣れるもんです(笑)

 

宿泊料金は2人2泊で約1160Bです。

1人1泊約1000円ということですね。お安い!虫が出るしね(笑)

もちろん食事はありません。シャワーを浴びて寝るだけです。クーラーもあるし私達的には全く問題ありませんでした。

 

 

やっぱり美味しいタイ飯『yummy yummy』

ホテルをチェックインした後は、虫除けスプレーなど調達しながらカオサン周辺をプラプラ。あっという間に日が暮れて、また食事をすることにしました。

夜の食事は、カオサン中心からは外れの方にある旅行客がほとんどいない、現地の人も割と来ているお店を発見したのでここで食べることにしました。

 

観光地ではないレストランや屋台の店員さんは、観光客にぶっきらぼうです。

微笑みの国ですが、全然微笑まないです(笑)

でもそんな店員さんのお店は美味しい確率高めです。

イカ、マンゴーのフレッシュスムージーガイヤーンとソムタムを注文しました。


f:id:mellowed:20190526134436j:image

f:id:mellowed:20190526134433j:image

f:id:mellowed:20190526134440j:image

コレコレ、この味!!

美味しいお店で食べられてようやく「タイに来た!」と実感が湧きました!!

このお店はオススメです!!

  

 

格安マッサージ店『シュワースパ』

今回の旅のテーマはのんびり疲れを癒す旅。

毎日格安マッサージ受けようね♪と言っていたので、早速初日から受けました。

カオサンはそこら辺にマッサージ店があります。

プラプラ歩いていた時に見たランブトリー通りにあるこの店に決めました。

 

 

30分のフットマッサージを受けました。1人150B(525円)で受けられます。

私と夫、どちらの施術の人も上手で最高に気持ち良かった~!!

少し熱めのお湯で足浴してからマッサージ開始で、膝上の辺りまでまんべんなく丁寧にマッサージしてくれました。

ラムブトリー通りを通る人たちを見ながら外でマッサージを受けられるので、眺めも楽しいし気持ち良いしで最高でした!


f:id:mellowed:20190526134729j:image

f:id:mellowed:20190526134732j:image

f:id:mellowed:20190526134727j:image

マッサージの受けた後はチップを20%程度支払っています。

タイはチップは要らないと書かれていますが、時と場合に寄るかと思います。

屋台やフードコートでは払っていません。

欧米人の旅行者が多く訪れる国なので、チップ文化は根付いているかと思います。

最初に行った『ベストバー』では払いたくなかったけど、、、全てチップを払っています。

 

マッサージ2回目『バンタイマッサージ』

お腹もいっぱいになりましたし、もう1回飛行機の疲れを取りますか!と、

次はタイマッサージを受けることにしました。

先程受けたマッサージが極上過ぎて違う店でリピです。

タイマッサージ1時間で250B(約875円)です。安い!


f:id:mellowed:20190526144719j:image

f:id:mellowed:20190526144715j:image


痛い。。。普通に痛いし、たぶんヘタだと思います。怖くて力が入ってしまいます。

夫は施術後、久しぶりに腰痛発症でした。。。

タイマッサージは結構“カケ”みたいなところがあって、ヘタな人に当たると最悪なんですよね。痛いといってもオバちゃんは力を緩めてくれません。

大体ヘタな人は客の言うことを聞いてくれないんですよね。

もうここは行きません。

 

場所はゲッコーバーからすぐ近くです。ストリートビューで見られます。

 

 

〆に屋台でバミー

 マッサージがヘタで、アッタマ来たので〆に美味しいもの食べよう♪と屋台でバミーです。


f:id:mellowed:20190526144803j:image

f:id:mellowed:20190526144806j:image

f:id:mellowed:20190526144813j:image

f:id:mellowed:20190526144810j:image

f:id:mellowed:20190526144759j:image

バミーナーム(汁アリ)とバミーヘーン(汁なし)を注文しました。

上に乗っているのはチャーシューです。どちらもワンタン入りです。
私的には、、、まあまあ普通の味。

癖も無いけど特別美味しい!って訳でもない感じです。。

 

バンコク1日目まとめ

どれほど食べるか驚きましたか!?

いつもこんな感じです(笑)

夫が調べに調べているお店は外さないのですが、急に入るお店で美味しいお店にはなかなか当たりません。

 

チップのことですが、マッサージの受けた後はチップを20%程度支払っています。

タイはチップは要らないと書かれていますが、時と場合に寄るかと思います。

屋台やフードコートでは払っていません。

欧米人の旅行者が多く訪れる国なので、チップ文化は根付いているかと思います。

最初に行った『ベストバー』では払いたくなかったけど、、、全てチップを払っています。

 

初日はこんな感じで!

夕方に到着したのに、結構遊んじゃった1日目でした♪

※レートは1B=3.5円で計算しています。

【エアアジア】カスタマーサポートセンターに機内食の件を問い合わせてみた

前回の続きのお話。エアアジアでタイに行きました。 

www.otanco.com

 

機内食を頼んだけれど「予約されていない!」と客室乗務員に言われ

機内食が食べられず、帰ってからカスタマーサポートセンターに電話して!

と言われていたのでゴールデンウィーク明けにすぐ電話をしました。 

f:id:mellowed:20190517110522j:plain

 

カスタマーサポートセンターへ問い合わせ

 

機内食の追加予約をしたのに実際機内食が提供されなかったことを説明しました。

サポートセンターの方が確認すると

「お客様は機内食の追加がされていないことになっておりますが」

間違いなく機内食は追加したし、夫と2人でPCを確認しながら予約変更を行ったし、そんなはずありませんでした。

カード決済をしたし、PC画面の金額も追加料金が加算されていたのをしっかりとこの目で見ました。

でもその画面のコピーとかスクショとか何もしていないので証拠がありません。

金額はなんとなく覚えていたので126,000円から130,000円位に変更されたはずです。。。

と、伝えると

カスタマーサポートからの回答は、変更前の金額でした。

 

webで変更した金額が元に戻っている。

やっぱり予約されていなかったということです。

確かに、変更直後にエアアジアのサイトがバグっていたんです。

でも金額は確かに追加料金がかかっていたのを見ました。

夫とエアアジアのウェブサイトが重すぎる!!と言いながら変更手続していたので。

そのバグりが原因がわかりませんが、正常に作動していなかったみたいです。。。

 

結果、機内食は予約されていなかったという事実だったので

エアアジアの客室乗務員が正しかったということでした。

 

エアアジアには振り回されっぱなしです。。。

 

ちなみに、カスタマーサポートセンターのページを開くと

f:id:mellowed:20190517103459p:plain

この様な画面になりチャットで質問となるのですが、まあ役に立ちません。

定型文なので、私のような質問をチャットボックスに入れても何も解決致しません。

 

カスタマーサポートセンターの電話番号

 

カスタマーサポートセンターの電話番号探すのが大変でした。

新千歳空港に直接電話をかけて、コールセンターの番号を教えてもらいました。

ちなみに、タイは「エアアジアX」となっています。お間違えなく。

平日のみの対応となっています。

 

【日本国内線】(エアアジアジャパン)

  050-3176-1789

【国際線】(エアアジアX

  050-6864-8181

 

何かあったら困るLCC

低料金、行きたいところに直行便で行けるのは本当にありがたい!!

特に北海道から海外へ直行便でなかなか行くことができません。

乗り換えが本当に面倒だし、そのせいで時間の制限や余分な日数がかかり

旅行に行く時には北海道って本当に不便!!

低料金で嬉しいのと、タイまで直行便で行けるエアアジアは庶民の味方、北海道の味方です。

ただ何かあるのが前提のLCCです。

国内で使ったLCC、8割はまともに飛んでいません。

私の当たりが悪すぎるっていうのもありますが(笑)

今回はそんなに大変ではありませんでしたし、機内食の予約がきちんと出来なかったりゲートチェンジやフライトの遅れくらいなので

どうってことありませんでしたが、飛行機が飛ばない!なんてことになったら。。。

それこそあのウェブサイトのクオリティと、対応力の低さからどうなることかとゾッとしますね。

翌日仕事がある時とか、使いたくないですね。

まあ、そこはLCCなので仕方ありません。

多少のイライラは、運賃が安いのでグッとこらえましょうね~♪

 

www.otanco.com