ヲタんこナース英会話上達への道

TOEIC 475点の初級者がオンライン英会話と独学で英会話上達とTOEICスコアアップを目指すブログ

【一億人の英文法】LET'Sの’sってそういうことだったんだ。

スポンサーリンク

一億人の英文法を読んでいて、ビックリしたことがありましたのでご紹介します。

初歩的過ぎて、こんな私にびっくりしないで下さいね~。

 

「LET」の意味は「~させる」って意味ですよね。

それはさすがに私も知ってましたよ(笑)

 

基本イメージは【同意(許可)する】ですが

allowに比べて軽い感触だそうです。確かに。

  1. Just let me check my email. (ちょっとメールチェックさせて)
  2. I won't let them hurt you. (奴らに君を傷つけさせたりしない)

 

そしてここからが私の驚きポイントでした。

『Let’s』(~しようよ)ですが、

’sが何の省略かなどと考えたことはありませんでした。

中学生の時に、丸暗記したので疑問にも思ったことがありませんでした。

 

一億人の英文法によると、、、

Let's=Let us

だそうです。知ってましたか!?二人暮らしの我が家はどちらも知りませんでした。

全然考えたこともなく、驚きでした。

Let's=Let us (僕たちが~するというアイデアに賛同してね)ということだそうです。

それが、(~しようよ)と相手を強く勧誘する表現となっているそうです。

f:id:mellowed:20190317140157j:plain

私は、「's」がusの短縮だったということに驚き

そこに食いついたのですが、、、

たぶん皆さんにとってはどうでも良いことでしょうね~(^_^;)

 

なんかスミマセン。。。 

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)