ヲタんこナース英会話上達への道

TOEIC 475点の初級者がオンライン英会話と独学で英会話上達とTOEICスコアアップを目指すブログ

【覚え書き】助動詞mustとshouldの違い

スポンサーリンク

どうも。禁酒2日を達成したヲタんこナースです♪

まだたったの2日です(笑)

 

最近英会話ネタやってませんけど、ちゃんと英会話学習してましたよ(笑)

 

さて、昨日はgrammarマテリアルをやったのですが

混同しそうな助動詞、mustとshouldについて勉強したので自分の為の覚え書きです。

 

Must とshould 使い方の違いについて

 

must も should もどちらも義務を表現するときに使います。

  

~しなければならない。~すべき。

 

must:義務 可能性が高い時 に使われる

You must obey the low.(あなたは法律に従わなければならない)→義務

This is a new model. It must be expensive. (これは新しいモデルです。高いに違いない)→可能性が高い

 

should:義務 提案、予想 に使われる

We should not waste your time. (私たちは時間を無駄にすべきではない)→提案に近い義務

You should go home soon.(あなたはすぐに家に帰るべきです)→提案

 

使い方の違いは強さ

Must > should

Must命令に近い義務を言いたい時に使う

Should提案に近い義務を言いたい時に使う

 

では、上記の例文をもう1度。

You must obey the low.(あなたは法律に従わなければならない)→義務

You should go home soon.(あなたはすぐに家に帰るべきです)→提案

 

助動詞はわかりやすいよね~♪